ケー・レーザー・テクノロジー・ジャパン株式会社
お問い合わせ・資料請求

製品情報PETOPPグリッターホロペーパーホットスタンピングホイルラベル技術情報ホログラムとはケー・レーザーとは最新技術会社案内日本法人グループ会社新着情報バックナンバー


株式会社オーテック 日本コーバン株式会社 村田金箔グループ ケー・レーザー・グループ ケー・レーザーUSA

 
  技術情報/ホログラムとは


ホログラムとは
ホログラムは、レーザーを使って立体画像を記録したモノを指します。
ホログラムはギリシア語の「完全」という意味の「Holos」と
「情報」という意味の「Gram」を合成して作られた言葉です。
ホログラムは簡単に製造ができない技術です。
それゆえ現在ではプレミア商品や金券・有価証券類の偽造防止に広く採用されています。
またその七色に輝き光る特徴からデザインの付加価値アップ、
アイキャッチ効果の向上を目的として多くの業界や商品に採用が進んでいます。


 
■ホログラフィーの原理
白黒の写真は光強度が記録された点の集まりで、どの点も光強度という1つの情報しかありません。カラー写真は更に光の波長の情報が加わります。 しかし、ホログラムでは光の電場の振幅や波長の情報だけでなく、それに位相の情報が加わります。 写真では位相の情報は失われますが、ホログラムにおいては光の電場の振幅と位相が記録されます。 像が再生される時にできる放射光は完全な3次元像となります。ホログラフィーと写真の違いはここにあります。 また、写真と違い像を反射率の違いで再生できるだけでなく、記録したホログラムを漂白することで屈折率の違いでも像を再現できます。
     
 
■ホログラムの製造方法
それぞれの点において光波の位相を記録するために、ホログラフィーは参照光を利用します。この参照光は記録の対象となる物体を照らす物体照明光と同じ光源です。 これは、物体光と参照光との間にコヒーレント(可干渉性)を持たせるためです。 参照光と物体光の重ね合わせによる光の干渉によって干渉縞ができます。 これは普通の写真フィルムと同じ撮影技術ですが、干渉縞の微細な像を記録する必要があるため専用のフィルムを使うことと除震台を使うことが一般的です。これらの干渉縞はフィルム上に回折格子を形成します。

ホログラムの大量生産法としては、スタンパを使用した方法が用いられます。 金属板上に塗布された光硬化樹脂に干渉縞を露光して、離型用に硝酸銀の還元反応により銀メッキを施します。そして、表面に無電解ニッケルメッキカニゼンメッキを施すことによって耐久性をもたせ、裏面を銅の電鋳によって裏打ちします。完成したスタンパで樹脂に転写します。
     
 
■ホログラムの再生原理
一度フィルムが現像されると、参照光が再度照射されたときにフィルム上の干渉縞によって回折が起き、光強度と位相が再現された物体光ができます。 光強度と位相が再現されているため像は3次元となります。観察者が動くと映し出された像は立体的に回転しているように見えます。
     




ケー・レーザー・テクノロジー・ジャパン株式会社は
1988年に台湾において設立された世界トップクラスのホログラム製造メーカーの日本法人です。

ページトップへ

 
         
 
ケー・レーザー・テクノロジー・ジャパン株式会社
Copyrights (c) K LASER TECHNOLOGY JAPAN Co., Ltd. All Right Reserved.
 
〒578-0912 大阪府東大阪市角田1-6-43
TEL.072-967-7606 / FAX.072-967-7607
E-Mail.contact-holo@klaser-j.com